さまざまな方法で防音できる|工夫することが大事

女性

特に精度の高い防音を

内観

価格重視に偏らないで

数ある防音工事の中でも、ドラムを演奏するための部屋は最も精度の高い防音が必要とされるものです。ドラムは大きな音とともに振動が発生するため、外部に振動や音が響きやすいためです。そのため、アパートやマンションなどの集合住宅ではもちろんのこと、一軒家であっても住宅が密集している地域などはきちんとした防音工事を行わねばなりません。ドラムの防音工事を行う業者はある程度の数があり、どの地域に住んでいても業者は複数見つかります。そのため比較検討をして決めることが多いですが、その際に価格重視に偏らないことが重要です。価格を比較検討していると価格ばかりに偏って考えがちですが、最も重要なのは防音性能です。きちんとした防音工事を行ってくれる業者を選ぶようにしなければなりません。

音や振動が漏れやすい

ドラムは、低周波とよばれる低く遠くまで響きやすい音を出す楽器です。また、シンバルなどがついているものもあり、様々なタイプの音が大音量で発生します。音だけでなく、振動も発生するのも大きな特徴です。そのため、防音だけでなく防振対策も必要となってきます。最も精度の高い防音工事を行った結果、ドラム室はかなり圧迫感のある空間になることもあります。遮音性を重視すると、窓をふさぐことも必要となるので仕方ないことです。工夫をしてくれる業者もなかにはあるのでそうした業者を探すのも手です。また、ドラム室は防音工事を施すためかなりの重さになります。より高い効果のある防音工事をするのならば、一階にドラム室をつくるのがおすすめです。