音が響くことを防ぐ工事|さまざまな方法で防音できる|工夫することが大事

さまざまな方法で防音できる|工夫することが大事

女性

音が響くことを防ぐ工事

室内

壁や床に繊維や石膏を挿入

防音工事とは、室内の音を周辺に響かせないようにするために、あるいは周辺の音が室内に入ってくることを防ぐために、おこなわれている工事です。防音工事では具体的には、音を吸収する繊維や、音を反射する石膏などが、壁に挿入されます。音は床からも響きますが、建物の床は一般的には、壁よりも厚めに作られています。これは、重みをしっかりと支えるためですが、逆に重みを支える必要のない壁は、室内の空間を広くするためにも、薄く作られているのです。その分壁からは音が響きやすいので、防音工事は主に壁におこなわれているわけです。もちろん床あるいは天井にも、繊維や石膏を入れることが可能となっています。この場合は、一層高い防音効果を得ることができます。

防音のための工夫

防音工事をおこなわなくても、工夫次第である程度は、音が響くことを防止できます。具体的には、壁一面に棚などを設置したり、床にポリエチレンやコルクなどで作られたマット、あるいはフェルト製の絨毯を敷いたりするのです。また、エアコンや冷蔵庫や洗濯機など、振動する家電製品を防音タイプのものにすることも、有効な対策のひとつです。こういった対策をおこなっても音が気になるという場合には、防音工事の必要性が生じてきます。大きな声で泣いたり遊んだりする赤ちゃんや子供のいる家庭、そして趣味などで歌ったり演奏したりする人からは、防音工事には特に高い需要があります。また、仕事や勉強などに集中したいという人も、静かな環境作りのために防音工事をおこなっています。