さまざまな方法で防音できる|工夫することが大事

部屋

音を外に漏らさないために

つみき

映画や音楽などの趣味を最大限に楽しみたいなら、高級オーディオ機器を遠慮せずに利用できる防音室をオススメします。防音室は新築時はもちろんのこと、リフォームでも作ってもらえますので専門の業者を探してお願いしましょう。

もっと知ろう

特に精度の高い防音を

内観

ドラムは非常に大きな低温と振動が発生するため、最も精度の高い防音工事が必要となります。価格だけでなく、工事の性能で比較しなければなりません。工事の結果、部屋は圧迫感がでることもあります。重さもでるので、一階にドラム室をつくるのがおすすめです。

もっと知ろう

トラブルを避けるには

作業員

音の性質

ご近所トラブルで多いのは、騒音に関するトラブルですよね。マンションですと、隣や上下の部屋の生活音がうるさかったり、ひどくなると引っ越しを考えるまでに発展してしまいます。なぜ、音が周りの部屋へ伝わってしまうのでしょう。そのためには、音が伝わる性質を、今一度おさらいしてみる必要があります。例えば、家の中で誰かが音を立てると、その音は壁に反射したり、吸収されたりして減少します。ですが、それらの変化に漏れてしまった一部が、壁から外に出て伝わり、騒音となってしまうのです。ですから、壁が音を吸収する率が高い方が、より防音の効果が高いと言えますね。ちなみに、住宅を建てる際の素材として、木材ですと音を通しやすく、コンクリートなどは音を通しにくいと言われていますので、防音に大変適しています。

音が漏れない工夫とは

音は、壁に到達するまでに、広がりながら減少するという性質があります。そのため、なるべく音を減らして、その減少した音の残りを壁に吸収してもらうと、より防音効果が高まるでしょう。ですので、まず音が発せられる可能性のあるものは、なるべく部屋の中央付近に置くことです。それから、壁だけではなく、床や窓からも外に音が漏れますので、それらには、ラグやカーテンなどがとても有効です。中には、防音効果のあるものもありますので、小さなお子さんがいらっしゃるご家庭は、ぜひ活用してみてください。それから、壁に沿って本棚やタンスなどの高さのある家具を配置することも、防音に一役買ってくれるでしょう。壁に音を当てないように、工夫をすることが大切ですね。

音が響くことを防ぐ工事

室内

マットや防音タイプの家電を使うと、音が響くことをある程度防止できます。それでは不十分という場合には、防音工事が必要となります。防音工事では、多くの場合は壁に繊維や石膏が挿入されるのですが、床にも挿入すれば防音効果がより高められます。そのため育児や演奏をする人、集中を希望する人などから需要があります。

もっと知ろう